今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ジャンク品について

顕微鏡のジャンク品

ジャンク品について

顕微鏡

顕微鏡のジャンク品について

顕微鏡と一括りにしてしまいと種類が少ないかと思われますが
写真顕微鏡や嘆願顕微鏡、そう顔顕微鏡といった具合に
使用用途によって様々な種類が豊富にあります。
使用用途に沿った使い方をしていても、精密機械なので、
微妙なピント調節が不可能になってしまう場合や、操作ミスによって、対象物が見えずらくなってしまった等、
些細なミスにて顕微鏡その物が使用不可能となってしまう場合も多々ある事でしょう。
そんな時には、弊社にて顕微鏡のジャンク品として、買取サービス実施しておりますので是非ご利用ください。

顕微鏡のメーカーとしても有名なものは、ニコンやオリンパス、ライカ、キーエンス、レイマー等といった商品が思いつきます。
一見、高価な商品と思われますが、本体に多少の傷がある場合や、
リボルバーのみや対物レンズのみあるいは、接眼レンズのみといった部品だけの商品や、型落ちした商品まで、
ジャンク品としても中古市場における商品価値がある為、高値にて買取をさせていただいております。

特に、先に挙げたメーカーの商品は当然の事ながら、他にもビクセンやケニス、ミツトヨ、カートンはもとより、
協和光学や島津、清和光学、メイジテクノといった医療用機器専門のメーカーにおいても高値にて買取をさせていただいております。

新品の際には高価な価格にて購入した商品もある事と思います。
例えば、医療施設や研究施設にて使用していたが、新しい顕微鏡を購入するので、大量に不要になった商品や
個人で所有していた商品が、壊れてしまったけれどもリボルバーのみや対物レンズ、接眼レンズのみ使用可能といった場合にも
ジャンク品としての価値は十分にございますので、安易に廃棄したりせずに是非一度、弊社までご連絡ください。
接眼レンズ
当然、多少の傷がついているだけといった商品は特に高値にて買取をさせていただいております。

ジャンク品というとランクが低い印象を持たれがちですが、ジャンク品としての市場では、
商品の状態や不足品の有無また、メーカーによっては、かなりの高額にのて取引がされております。
ですから、部品のみだからや、きずがあるからといった理由で廃棄するとお考えの場合は大変もったいないと考えられます。
一度、ジャンク品としての価値を、弊社にて査定させていただいて、その価値をお調べになってみてはいかがでしょうか?

メーカーや商品の状態、付属品の有無によっても、その商品の価値が変化してまいりますので、独断での判断はなさらずに、
一度弊社へご相談ください。

仮に、ジャンク品として大量に出てきた商品の場合でも、お電話やFAXにて査定価格にご満足いただけた場合には、
全国対応しております宅配買取サービスをご利用していただけると、
段ボールの数量や重量に関わらず弊社にて送料を負担させていただきますので、大変便利でございます。
宅配業者がご依頼主様がご指定していただいた場所まで、商品を引き取りに伺いますので、
お忙しい方には、ご好評をいただいております。

弊社では、専門の査定スタッフが所定の規定に沿って、慎重かつ丁寧に査定をさせていただきます。
ジャンク品とはいえ、本来は高価な商品として購入した品物ですので、丁寧な取り扱いは当然ながら、
ご依頼主の方にご満足いただけるような査定をさせていただきます。
もし、付属品がございましたら同梱してください。
付属品
万が一査定価格にご満足いただけないようでしたら、遠慮なくお申し出ください。