無料査定・お問い合わせ

壊れていたり、極端に古い顕微鏡は買取不可。
現在、大型重量物の顕微鏡は近場のみの買取対象となっております。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

顕微鏡の手入れ方法
2020年9月1日

顕微鏡の手入れ方法

顕微鏡の手入れ方法

顕微鏡も日々使用し続けていると、汚れが溜まってしまったり、ゴミが付着してしまったりしていることがあります。

汚れやゴミなどを放置してしまうと、対象物が見えにくくなる場合があり、顕微鏡での観察が正常に行えなくなってしまう可能性もあります。

作業に支障を加えないためにも、必ず顕微鏡は定期的にお手入れしておきましょう

まず顕微鏡をお手入れするために、顕微鏡専用の掃除道具を用意します。

清掃道具には、レンズペーパー・ガーゼ・レンズ清掃用不織布、ブロアー・小筆綿棒・ピンセットの他に顕微鏡に使用できる洗浄液が必要となります。

細かな作業となるのでルーペも用意しましょう。

顕微鏡のお手入れの手順としては、まず対物レンズ・接眼レンズの清掃になります。

フィルタも綺麗に保たなくてはならない重要なパーツでもあるので注意しておきましょう。

そして一番重要なレンズの拭き方ですが、拭く前に洗浄液が可燃性なので、引火しないように顕微鏡の電源を切っておきます。

次にレンズのホコリブロアーや小筆などで優しく取り除きます

残ったまま拭きあげてしまうと傷になる恐れがあるので注意しましょう。

続いてレンズを拭くためにピンセットなどにレンズペーパーを巻きつけ、洗浄液を巻いたペーパーに染み込ませましょう。

ピンセットは先端が鋭いので、飛び出て傷がつかないように気をつけなければなりません。

優しくレンズを撫でるように、拭きあげていきましょう。

またレンズを拭くときは必ず汚れやホコリがレンズ中心に残らないようにするため、内側から円を描くように外に向かって拭きあげます。

レンズが平らな場合は、自分の指にレンズペーパーを巻きつけて拭きあげる方法もでも可能です。

レンズの掃除が済んだら、次はフィルタ掃除も行いましょう。

フィルタの掃除も洗浄液を染み込ませたレンズペーパーを使用します。

人差し指と親指でフィルタを挟み、フィルタを回転させ表も裏も同時に拭きます

レンズの掃除やフィルタに使用した各レンズペーパーは、必ず使い回ししないようにしましょう。

レンズフィルタの掃除が終わったら、今度は顕微鏡本体も綺麗に拭きあげるようにしておきましょう。

このようにしっかりとお手入れするだけで、顕微鏡も長く使うことができ、作業の質も落とさずに済みます。

日頃のお手入れは顕微鏡にはとても重要なので、しっかりとお手入れを意識しておくようにしましょう。