無料査定・お問い合わせ

壊れていたり、極端に古い顕微鏡は買取不可。
現在、大型重量物の顕微鏡は近場のみの買取対象となっております。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

実体顕微鏡 買取
2017年4月10日

実体顕微鏡とは2~30倍という比較的低倍率で、観察対象をそのままの状態で観察する顕微鏡のことをいい、双眼実体顕微鏡ともいわれます。

観察対象を薄切の標本にしないでそのまま観察するための顕微鏡で、観察しながら解剖したり、脳外科手術用の顕微鏡もこの実体顕微鏡に類しています。
対物レンズや接眼レンズもそう顔で、立体視が可能なものもあります。

落射照明で物体の表面を観察するときに使用され、透過光を利用することもあって、これらの光源が装着された装置もあります。
実体顕微鏡は研究用のシステム実体顕微鏡や、ルーチン用、リサーチ用、実体蛍光顕微鏡、教育用など様々なタイプがあります。

さらにハイクオリティな観察や解析を行なうために、LED照明やデジタルカメラなどが採用されており、医学や生物学、産業分野などあらゆる分野で積極的に活用されている顕微鏡です。
最近では教育用の実体顕微鏡にもHDカメラが内蔵されていたり、ワイヤレス対応で500万画素のカメラが採用されていたり、フルビジョン画像をそのままタブレットやスマートフォンにも配信することができるので、観察内容をすぐに多くの人達と共有することもできるでしょう。

弊社では現在あらゆる不要になった実体顕微鏡の買取を行なっておりますので、お持ちの個人や法人の方は是非今すぐ弊社にご連絡ください!
お持ちの実体顕微鏡のメーカーやタイプ、使用期間などを詳しく教えて頂けましたら、すぐに正確な買取価格をお知らせすることができるでしょう。
実体顕微鏡にも様々なメーカーがあり、目的に応じて様々なタイプがありますよね。

今までどのような場所で利用されていた実体顕微鏡なのか、LED照明やカメラに関する情報についても、詳しく教えて頂ければ確かな査定金額になると思いますので、よろしくお願い致します。
教育現場や研究所などで、新たな実体顕微鏡が導入されて使わなくなってしまった物がありましたら、是非今すぐ弊社にご連絡ください!

実体顕微鏡