無料査定・お問い合わせ

壊れていたり、極端に古い顕微鏡は買取不可。
現在、大型重量物の顕微鏡は近場のみの買取対象となっております。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

ミツトヨ Mitutoyo 顕微鏡 買取
2017年1月29日

顕微鏡買取ドットコムでは、ミツトヨ社の顕微鏡を高額で買い取りさせていただいております。
ミツトヨといえば、今日では日本を代表する精密測定機器の分野では、すでにお馴染みのメーカーともなっています。
ちなみに、私も常日頃からノギスなどの測定機器を利用することが多いのですが、やはりそのメーカーと言えばミツトヨです。

そのくらいに今や日本国内では有名な企業となっていますが、もちろん日本国内のみならずアジアや欧米各国にも幅広く事業活動を展開しているようです。
現在、本社は神奈川県川崎市となっており、その創業は1934年にさかのぼるようです。
元々は、マイクロメーターを国産化するために、東京武蔵新田に研究所を開設したのが始まりなのだそうです。

しかも、その3年後にはマイクロメーターの国産化に成功しています。
その後、ノギスやダイヤルゲージといった今日ではよく見かけるような精密測定機器を数多く世に送り出しています。
今日、アメリカなどを中心として大量生産化が進んでいく中で、大量生産だけでなく品質にも定評があるというのが日本の大きな特徴となっています。

従って、こうした評価を得るようになった礎を築いてきた企業こそが、ミツトヨ社であると言っても過言ではないでしょうね。
何故ならば、その背景にはミツトヨ社が開発販売を行ってきた精密測定機器があったからこそであると言えるからなのです。
ちなみにホームページを拝見してみると、企業理念のページには精密測定機器で社会に貢献すると記されています。

やはり、モノづくりを担当する製造企業というのは、単に自己の利益を得るという次元に留まるのではなく、そうした製品を世の中に送り出すことを通して社会に貢献するという崇高な理念を忘れてはいけないでしょうね。
もちろん、日本の各企業もかつては公害問題などで、地域社会に多くの損害を与えてきたという汚点があります。
余談にはなりますが、そうした日本のかつて歩んできた道を同じように辿っているのが、お隣の中国でしょうね。

例えGDPでは、日本を追い越して世界第2位というランキングになったとはいっても、それは本来のあり方とは言えないでしょうね。
格差問題の表面化や大気汚染、あるいは食の倫理や衛生の問題など数多くの問題を抱えています。
ところで、日本が品質面で好評価を得るようになった礎ともなっているのがミツトヨですが、精密測定機器を数多く作ってきた土台を元にして、顕微鏡や材料試験機・あるいは画像測定機・振動測定機といった精密機械の分野でも優れた製品を今日では数多く世に送り出しています。

従って、顕微鏡買取ドットコムでは、学校や研究所などにある顕微鏡を買い取らせていただいておりますので、買い替えや処分を検討しているという方は、ぜひともお電話かメールでご相談下さい。
皆様からのご連絡をお待ち申し上げております。

ミツトヨ Mitutoyo 顕微鏡