無料査定・お問い合わせ

壊れていたり、極端に古い顕微鏡は買取不可。
現在、大型重量物の顕微鏡は近場のみの買取対象となっております。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

顕微鏡撮影の方法

顕微鏡撮影の方法

顕微鏡撮影の方法

顕微鏡を用いて観察したり比較したりして研究を行なったり医学や生物学の発展に利用されています。

顕微鏡で観察された状態をそのまま撮影をして保管することができるように、顕微鏡撮影が行なえる時代になりました。

顕微鏡撮影を行なえばその内容を保存することも簡単になり、撮影した映像をファイル形態転送することも簡単になります。

医学研究や生物研究などではもちろんのこと、学校でのレポートや観察日記の提出などでも顕微鏡撮影はとても便利なアイテムとなっています。

顕微鏡撮影を行なうためには顕微鏡カメラが必要になり、最近では高解像度で遠隔ライブビュー操作が可能なタイプも多く、PCと連結して効果的に利用することができるようになりました。

顕微鏡撮影された映像はモニターなど大画面で確認することもでき、そのファイルを利用して保存したりレポートに使用することもできるので、学生達の教育の場やセミナー、研究材料としても大いに利用価値があるでしょう。

顕微鏡カメラにはWi-Fiが搭載されていて高感度ISO、2000満画素以上の高画質でミラーアップ撮影など振動を抑えた撮影も可能になっています。

解像感はそのままにしてノイズを減らす、マルチショットノイズ低減機能や、Full HD画質で動画撮影も可能になっていて、以前では考えられなかった観察や保存が可能になりました。

パソコンに接続すればカメラを遠隔操作することができるソフトが標準セットされて、単体で利用するときにはタッチパネル液晶で簡単に操作することもできます。

観察中にカメラがブレてしまってはせっかくの画像も無駄になってしまいますが、ミラーを動かすシャッターを切るショックレスシャッターの搭載や高画質により、画像ブレは発生しません

また顕微鏡カメラは取外してズームレンズ付属すれば、自由に持ち歩いて一般での撮影も可能になります。

顕微鏡撮影は顕微鏡に専用カメラを設置して直接撮影したり、USBケーブルやリモコンコードを接続してリモコンを利用してシャッターを押したり、USBに撮影したファイルを保存したりWi-Fiを利用してファイルを転送するなど、撮影された映像幅広く利用することができます。

顕微鏡カメラも新しい製品が次々に発売されておりますので、今までお使いだった顕微鏡カメラを新しく買換えられた場合には、使わなくなった顕微鏡カメラは是非中古顕微鏡買取ドットコムにお任せください!