今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
顕微鏡カメラも買取可能!

顕微鏡カメラについて

顕微鏡カメラについて

顕微鏡カメラには様々なタイプのものがあります。選ぶポイントも様々あります。

画素数で選ぶ場合は、十分な画素数が必要で、画素数が大き過ぎてもモニターに表示する事が出来ない場合があるので、適切な画素数の確認が必要です。またフレームレートで選ぶ場合には、フレームレートレートが高いものを選ぶと採集するデータは大きい物になりますが、顕微鏡を使う際にはスムーズに対象物を観測する事が出来ます。

対象物の動きだけでなく色合いも必要な場合には「単板方式」や「3CCD方式」があり、より忠実な色の再現が必要な場合は3CCD方式の物が最適です。暗いところで使用する場合は、ISO感度の高いものを使用することで、暗い場所での撮影が可能です。また凸凹の差が大きい対象物にはピントが一部しか合わず、高倍率になるほど、狭い部分だけにしかピントが合わなくなったりします。

これを解消する為に、フォーカス合成機能とや、画像貼り合わせ機能があれば、ピントのあった画像を作成する事が出来ます。また最近需要が高まっている機能が、計測機能と解析機能とです。

パソコンを使って電子データとして扱えるので、目視より正確にデータの採取が出来ます。この様に顕微鏡カメラと言っても様々なタイプのものがありますので、しっかりと対象物に合う顕微鏡カメラ選びが必要です。

顕微鏡カメラのメーカーや製品について

顕微鏡カメラのメーカーや製品について

顕微鏡カメラのメーカーには、日本で最初に顕微鏡を作ったトップメーカーのオリンパスや、日本の光学機器メーカーとしても有名なニコン、ドイツの光学機器メーカーのライカや、カール・ツァイスが有名です。

その他にも顕微鏡を出している国内メーカーもあります。

高性能の顕微鏡を自社生産している事で、世界からも認められているメイジテクノや、昭和10年から光学機器を製作している、高性能で実用性の高い製造をしている八洲光学工業があります。

八洲光学工業等からするとまだまだ若い会社ではありますが、高品質でラインアップが非常に豊富なレイマーというメーカーや、顕微鏡といえばで、会社名も有名なビクセンカートン光学が有名です。製品は、オリンパス製の顕微鏡カメラは画素数やPCコントローラの有無、簡易計測の有る無し等タイプを選ぶ事が出来ます。

また画像解析ソフトウエアもあり、計測、解析、レポート作成などを行えます。ニコン製の顕微鏡カメラは、色再現とフレームレートの高いものやコンパクトで操作の簡単なカメラコントロールユニットや専用のコントローラーやパソコンが必要なく、簡単に顕微鏡画像の撮影が出来るものや、ピント合わせが楽で遠隔操作が可能で、撮影時のブレがないものなどが販売されています。

顕微鏡カメラの高価買取のポイント

顕微鏡カメラの高価買取のポイント

顕微鏡カメラの高額買取ポイントは、有名なメーカー品であったり、傷や汚れがないものであったり、使用回数が少なくて、使用感が少ない物というのもありますが、それだけではなく、たとえば付属品に欠損がなくて、説明書や箱も、綺麗な状態で全て揃っている場合や、顕微鏡カメラを使用する時に必要になった、オプション品等が付いているもの高額買取の対象です。

その為、査定に出す場合は、顕微鏡カメラ本体だけでなく、付属品やオプション品のお手入れも欠かす事なくしておく事をおすすめします。

高価買取させて頂くメーカー品は、オリンパス製の物やニコン製レイマー製の物等、有名なメーカー品は高価買取り対象です。

またオプション品では固定スリーブやレンズ、モニターへ表示する為のコンバーター等があります。

ですので、メーカー物の顕微鏡カメラがすでにあるが、新しい物を購入予定や、実験等で一時的に使用はしたが、今は全く使わなくなった物等が倉庫や物置にある場合は、型遅れになったり、放置していた為に経年劣化が起こってしまい価値が下がってしまう前に、お早めに、査定に出される事をおすすめさせて頂いています。

顕微鏡カメラを当店にお売り下さい!

顕微鏡カメラを買取りさせて頂いております。研究で必要だからと購入されて、今は研究テーマが変わってしまった為に新しい物を購入する必要がある際には、今まで使っていた物が不要になってしまって買取りさせて頂いたり、様々な機能があるので、違う機能の物が必要になった為、買い換える際に買取りさせて頂いたり、アップデート品が出た為、新しく買い換えるので、以前使っていた物が不要になった時に買取りさせて頂いたりと、幅広く買取りさせて頂いております。

倉庫に以前使っていたものが、大量にあり倉庫を圧迫している時等には、保管して置くよりもなるべく早く買取りに出される事をおすすめ致します

なぜなら、埃ぐらいなら払えばいいですが、日の光によって箱が劣化してしまったり、鉄部分が錆びてしまったりもあるので、買取り価格も知らない間に下がってしまっている場合がございます。

その為、もし倉庫に眠っている顕微鏡カメラが不要だなと思われた際には、一度、査定に出してみる事をおすすめさせて頂いています。

また、有名なメーカー品や使用前後で、しっかりとお手入れをされているものや、使用回数が少ない物、箱や説明書が全て揃っている物に関しては、高額買取りもさせて頂いていますので、高額買取りのチャンスです。

>>顕微鏡撮影の方法