今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
電子顕微鏡を買取中

電子顕微鏡を買取中

電子顕微鏡も買取中

1897年、現代物理学の基礎となる素粒子の一つである電子がJ.J.トムソンによって発見されたことを端緒に、1926年、量子力学がディラック・シュレデインガーによって確立され、さらにダビソン・ジャーマー電子回析実験によって電子の波としての一面が判明しました。
折しも、光学顕微鏡の限界を克服するため、含浸型レンズや位相差顕微鏡が発明されていた状況下において、電子の研究がこのように進めば、可視光よりはるかに短い波長を持つ電子を利用した顕微鏡の開発へと研究者たちの関心が移っていったことはごく自然と言えるでしょう。

現状において、電子顕微鏡は、透過型と操作型に分類できます。
透過型は1933年ドイツで生まれ、操作型は1955年、イギリスで開発されました。
いずれも、そのプロトタイプの開発は日本ではありません。が、しかし、当時最先端の研究用であった電子顕微鏡を、産業界で活用できる分析機器として確立していく過程に日本メーカーは大きく貢献しています。

現在、世界において1年の電子顕微鏡生産台数は500台。
そのうち6、7割は日本製という高い専有率を占めています。

透過電子顕微鏡の販売の歴史
1932 ルスカによる最初の電子顕微鏡試作
1975 日立製作所 125KVスポットスキャンTEM付属
1980 明石製作所 LEM-2000電子顕微鏡と光学顕微鏡を一体化
1982 日本電子 JEMARM1000 1000KV電子直視超高圧電子顕微鏡
1986 日本電子 JEM2000FXV 超伝導子レンズの採用
1998 日本電子 JEM-1230 周辺機器一体化フルデジタル
2007 日立ハイテク HF3000 電子線ホログラフィ搭載可能
このような歴史を持つ電子顕微鏡ですが、現代ナノテクノロジー技術へのニーズから、
さらなる進化を遂げ始めています。
1990年 操作の自動化 CCDカメラ、コンピューター制御
2000年 分解能0.07mm到達 超高分解電子顕微鏡 収差光学系電子顕微鏡の登場。
(水素の原子半径 53pm(1pm は 1 兆分の 1m)を越える超高分解能)

このように急速に進化を遂げている電子顕微鏡ですが、使用しなくなっている電子顕微鏡が
お手元にある、という事務所様、研究所様、事業所様がいらっしゃいましたら、是非弊社の完全無料見積を一度ご利用ください。
只今弊社では買取強化中のため、高価査定、懇切丁寧なお見積りサービスで迅速に対応させていただいております。